小児喘息が断薬から1年で治った?!薬はやばい?

前回の記事

前回は僕の小児喘息の症状と病院での治療を紹介しました。

病院の治療をしているときは実際の所よくなることはなく、

症状を抑えているだけでした。根本から治ってるわけではないんです。

では僕がなぜ断薬をして、1年で完治したのか?

それを書いていきます(^ ^)

なぜ断薬をしたのか?

私の母は全く健康に興味はありませんでした。なので病院に頼るしかなっかたんですね!

そんな悩んでいるときに飛び込んできたのが「添加物の怖さ」というワード。

それまでの食事は添加物なんてきにしていなっかたそうです。

この日本は添加物大国です。コンビニ、スーパー、ファミレスなど

めちゃくちゃ添加物を使っています。添加物の毒は体の細胞に溜まってアレルギー反応が起こってしまいます。

しかも病院の薬って自然由来ではなく、なんと石油からできているんです。

その毒ももちろんアレルギー反応が起こります。

そんな真実を知った母は僕の食事改善と断薬を決意します。

どんなことをしたのか?

Sponsored Link

食事改善の内容

まず白米が玄米に、白砂糖が黒砂糖に、調味料が市販のものからこだわりのものに。

シャンプーやボディーソープも自然由来のものに。

食卓がガラリと変わりました。

玄米嫌いだったな〜笑

美味しくはありませんでしたが、体がみるみるよくなっていきました。

断薬も最初は少しづつ減らしていきました。

食事改善と重なってどんどん薬の量が少なくなっていき、

3ヶ月くらいで完全断薬できたそうです。

やったのこれだけ!

本当に単純なの!でも本当に治ってしまったんだからすごいよね!

まとめ

内容の概要はこんな感じです(^ ^)

これから細かいことを少しづつ書いていきますね( ^ω^ )

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください